流産しやすい時期ってあるの?予防法は?

赤ちゃんを授かるというのはとても神秘です。それで、おなかの中に宿った新しい命をぜひ大切にしたいと思うものです。しかし、悲しい現実として赤ちゃんに会えるのを待ち望んでいるにもかかわらず、流産という悲しい現実が生じてしまいます。流産しやすい時期や予防法はあるのでしょうか?
MENU

流産しやすい時期ってあるの?予防法は?

赤ちゃんを授かるというのはとても神秘です。それで、おなかの中に宿った新しい命をぜひ大切にしたいと思うものです。しかし、悲しい現実として赤ちゃんに会えるのを待ち望んでいるにもかかわらず、流産という悲しい現実が生じてしまいます。

 

流産しやすい時期は妊娠初期で、ほとんどは妊娠12週までに発生します。では、流産しやすい時期を過ぎたなら安心でしょうか?いいえ、安定期に入った妊婦さんでも流産してしまう場合があります。では、予防できないのでしょうか?いいえ、ある程度予防することが出来ます。

 

それは、正しい食生活をすることです。食生活の乱れは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。それで、食生活を見直しましょう。高脂肪、高カロリー、炭水化物の多い食事はホルモンバランスを崩してしまいますので気を付けましょう。肉や魚、卵や納豆、そして大豆などに多く含まれるたんぱく質は女性ホルモンの材料にもなりますので積極的にとりましょう。流産を予防する別の方法は、無理をしないということです。

 

特に、妊娠初期は流産しやすい時期ですので身体を大切にしましょう。上に小さな子供がいる場合には、実家や夫の助けを借りてできるだけ無理のないようにしましょう。そして、もし出血があった場合や身体に異変を感じた時にはすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

 

お腹の中の命を守るのはお母さんの責任です。ぜひ、おなかの中の大切な赤ちゃんを守りましょう。

このページの先頭へ