流産後すぐに妊娠できるか不安な方へ!

赤ちゃんを授かって喜びの束の間、悲しい現実が生じることがあります。それは、流産です。この現実を突き付けられるととても悲しくなります。流産はどのぐらいの確率で起こってしまうのでしょうか?
MENU

流産の確率ってどのぐらい?

赤ちゃんを授かって喜びの束の間、悲しい現実が生じることがあります。それは、流産です。この現実を突き付けられるととても悲しくなります。

 

特に初めての赤ちゃんを授かった人や、何年も赤ちゃんができずにようやく赤ちゃんを授かった人は、流産という悲しい現実を受け入れられなかったり、自分をひどくせめてしまうということがあります。

 

しかし、流産は妊娠した人は誰でも生じるのが現実です。確率としては、妊婦の約10〜15パーセントです。つまり10人の妊婦のうち1人は流産してしまうのです。時期としては主に妊娠12週までの妊娠初期が多く、そして若い人よりも年齢が上がるにつれてその確率は高くなっていきます。妊娠初期流産の理由としては、いろいろありますが主な理由としては胎児の先天性異常を挙げることが出来ます。

 

これは、今の医学がどんなに進歩してもどうしても防ぎようのないものです。それで、赤ちゃんを失ったのは自分の責任だ、と自分をいつまでも責めることはしないようにしましょう。とはいうもののやはり、おなかの中にいた赤ちゃんを失うのはお母さんとしてはとてもつらいものです。

 

もし、次に妊娠できたとしてもまた失うのではないか?という不安や恐怖はぬぐえないかもしれません。しかし、一度流産して次には元気な赤ちゃんを無事に出産することが出来た。という人はとてもたくさんいます。ぜひ、あきらめずにそして絶望的にならないようにしましょう。

このページの先頭へ